スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Harry Potter and The Half-Blood Prince

Harry Potter


「Harry Potter」は私にとって特別な思い入れのある作品。

「賢者の石」は、生まれて初めて読了した英語のペーパー・バック。
「不死鳥の騎士団」からは、発売直後のハードカバーを読んで、
映画を楽しみにするというパターン。

イギリスでのフィーバー振りを生で体験しましたし、
ホグワーツ魔法学校としてロケに使われた場所も訪れました。

今回の「謎のプリンス」に関しては・・・待ちました!
上映が去年のクリスマスから延期になったときは、本当、残念で・・・

さて、内容はというと・・・あの長い原作を、これだけの長さに仕上げるには、
どうしてもエピソードの取捨選択を迫られるわけで、
あれがこれが深く掘り下がっていないとか、抜けてるとか言うのは酷なのかも。
全体的には、よくまとめたなあ・・・というというところでしょうか。

次回の最終巻は、映画は前半・後半2回に分かれるということで、こちらに期待。



スポンサーサイト

テーマ : ハリーポッター
ジャンル : 映画

Angels & Demons

DSCF1168_convert_20090610220859.jpg


ちょっと映画のお話・・・

私にとっての「ダン・ブラウン」マイ・ブームは2004年から。
当時イギリスに住んでいた私は、話題の「ダ・ヴィンチ・コード」が読みたくて仕方なかったのですが、
イギリスで日本の本を買うと、値段は定価の約3倍・・・
そこで原作のペーパー・バック(あら安いわ)を購入、何とか読みきったのです。
(その後友人から日本語訳を借り、再度物語を確認。)
舞台がパリ、ロンドン、スコットランドということで、
すぐさまロンドンのテンプル教会、パリのルーブル、サン・シュピルス教会を訪ねたのでした。

そして「天使と悪魔」・・・
「ダ・ヴィンチ・コード」を読了後、すぐこの原作(日本語訳)を読み、大興奮!
ローマに「ベルニーニ」ツアーをするぞ!と誓い、去年の春、念願のローマを訪れました。
ローマは3回目でしたが、「天使と悪魔」の舞台としての視点から、改めてヴァチカン、パンテオン、
教会、ナボナ広場などを訪れ、ベルニーニの作品を見直しました。
・・・そして今月、待望の映画公開、さっそく見に行きました!

原作とは一部エピソードが変更、削除されていましたが、それすらも凌駕する迫力のサスペンス。
途中、「これは面白い!」と腰が浮きそうに。Hans Zimmerの音楽が盛り上げる盛り上げる!
原作を読んだ時も大興奮でしたが、実際の映像を目の当たりにして、更なる大興奮、至福の
2時間半でした!


写真は昨年訪れたローマ、サンタンジェロ橋に立つ、ベルニーニの天使像の一つ。




テーマ : 天使と悪魔
ジャンル : 映画

プロフィール

スージー

Author:スージー
ヨーロッパのマーケットで
出会ったヴィンテージ素材と
現代パーツを組み合わせた
アクセサリーを製作しています。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書カレンダー本棚ミニ
Powered By ソーシャルライブラリー
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。